みんカラ カラコン 通販でカラコンを買う子必見!眼科に行かずにカラコンを使い続けるとどうなる?

 

コンタクトって眼科に行って購入しないといけなかったからすごく面倒だったのに、今はネットで買えるようになったからすごく便利になったよね!

 


カラコンもネットでいろんな種類を調べて買えるからすごく便利だよね。
でも、眼科を受診した上で購入しなきゃいけないって知ってた?

 


え?そうなの?
眼科に行かずにカラコンを使い続けたらどうなるのかしら?

 


 

カラコンは医療機器??

インタネットで手軽に購入できるようになったカラーコンタクトレンズ。
手軽に変身できるオシャレアイテムの一つのイメージですが、実は「高度管理医療機器」という”副作用や障害が生じた場合に生命や健康へのリスクが高い医療機器”にあたります。

 

その使用や管理は使用者に委ねられるので、危険な使い方をしている人もいるかもしれませんが、誤った使用をすると結膜炎や角膜潰瘍など最悪の場合、失明の危険すらあるんです。

 

 

誤った使用やケアが原因で生じる目の病気

巨大乳頭結膜炎

レンズの汚れが原因となり、上瞼の裏側にブツブツができます。
かゆみや目やに、充血などに加え、コンタクトがずれやすくなったり、目がかすんだりします。
花粉症だったり、アレルギー性結膜炎がある人はなりやすいので注意が必要。
治るまではコンタクトの装用を中止し、点眼薬や内服薬を使って治療していきます。
予防の為には、しっかりとしたレンズケアを行い清潔に使うということが大事になります。

 

 

 

角膜浸潤

角膜上皮細胞の酸素欠乏・コンタクトレンズがこすれることによってできた傷が炎症を起こしてしまうことで発症する病気。
はげしい痛みや充血を伴うことが多いのですが、ソフトコンタクトレンズでは自覚症状がない場合もあるので注意が必要です。
治るまではコンタクトの装用を中止し、抗菌薬を使用し治療を行います。

 

 

角膜潰瘍

角膜潰瘍は、コンタクトレンズが原因で起こる眼の障害の中で、最も重いもののひとつ。
Aの角膜浸潤が悪化し角膜上皮にも欠損ができてしまうことで、さらに深い層にまで傷が達し、角膜潰瘍になってしまいます。
角膜潰瘍になると、視力の低下や痛み、充血などの自覚症状が起こります。
それでも放置し治療を行わなければ、最悪失明に至ることもありますので注意が必要です。

 

少しでも目がおかしいかも?と思ったら、早めに受診することが大事になります。

 

 

カラコンはどう使えば安心なの?

 

カラコンを安全に使う唯一の方法。
それは、眼科を定期的に受診するってこと。

 

  • 購入する前に、眼科を受診する
  • 眼科で定期健診を受ける

ということが大事になります。

 

合わせて、

  • 長時間の装用をしない
  • 正しいレンズケアを行う

ということも注意しましょう。

 

 

眼科を受診しよう

まず、ドライアイやアレルギーなどそもそもカラコンの装用ができない場合もありますので、度なしのレンズを購入する場合であっても、必ずカラコンを使う前には眼科を受診するということが大事になります。
自分の目に合わない製品を使い続けると、異物感があったり、トラブルの元になりますので注意が必要です。
また、最初は大丈夫であっても、使い続けるうちに目のトラブルが出ることがあります。
そうならない為にも、3ヶ月に1回程度は定期健診を受けると安心です。

 

 

正しい使い方をしよう

カラコンは普通のコンタクトレンズに比べてレンズが厚く、酸素透過率が低いものが多いです。レンズが酸素を通さないと目のトラブルが起こりやすくなりますので、カラコンは長時間の使用を避けましょう。
また、コンタクトには目に見えない雑菌や汚れが付着しており、汚れたレンズを使うことで目の障害が起こりやすくなりますので、正しいケアを行うようにしましょう。

 

特に度なしのカラコンって医療機器っていうイメージなかったけど、眼科に行かないといけないのね。
失明なんて怖すぎるから、ちょっと面倒だけどちゃんと眼科に行って使うようにしなきゃだね!

 


 

 

この記事もおススメ!
間違った使い方を続けた場合に、眼の健康に及ぼす影響とは→こちらの記事「 カラコンって眼の健康に影響があるってホント?」でご紹介しています。