カラコンの使用時間を破ったらどうなるの?

 

すっぴんでも目力アップが可能な大人気のカラコン。
憧れのデカ目になれるとあって、若い子から大人女子までどの年代にも大人気のアイテムですよね。
お泊りの時にメイクを落としても、目力をキープできるのも嬉しいポイントですが、カラコンって長時間の使用は目の健康が害することがあるって知っていましたか?

 

そこでここでは、カラコンの正しい使用時間など注意点についてご紹介します!

 

今週カレと初めてのお泊りなんだけど、すっぴんになるのって抵抗あるよね・・・。
一日中カラコンつけてようかな。

 


カラコンって、元々長時間装用できるようにはつくられていないので、長時間の使用ってダメなのよ。使用時間を守らないと目にトラブルが出て、次の日メイクもできなくなっちゃうよ!

 


 

 

カラコンの使用時間ってどのくらいなの?

 

コンタクトレンズには推奨されている装用時間があります。
この時間はコンタクトレンズの種類や使う人の目の状態によって異なるのですが、一般的には終日装用で使うレンズの場合、1日12〜16時間くらいが目安となります。
連続装用タイプのレンズの場合は、眠っている間もレンズをつけっぱなしにすることができるのですが、これは眼科医の診断で連続装用ができる状態の目と判断された場合に限ります。
コンタクトレンズの使用時間は、眼科医に指示された時間を守り、トラブルのないような使い方をするということが大事になります。

 

ではカラーコンタクトも同じように長時間使ったり、つけたまま寝たりすることってできるんでしょうか?

 

カラコンは、長時間連続装用できるような作りになっていません。
というのも、カラコンは素材に着色をしているので、普通のコンタクトレンズと比較して酸素透過性が悪い傾向があります。
酸素透過性が悪いということは、目が酸素不足になってしまうということ。
そうすると、目の健康を害してしまうんです。

 

では、カラコンってどのくらいの時間使っていいのでしょうか?
カラコンの使用時間の目安は8時間以内です。
これ以上使うと、目にトラブルが出やすくなりますので注意が必要です。

 

また、初めて使う場合には、一気に8時間使うのではなく4時間程度から始めて徐々に時間を延ばしていきましょう。

 

 

カラコンをどうしても長時間使いたい場合は

カラコンはファッション感覚で使うものなので、長時間の使用は避け、外出先から帰ったらなるべく早くカラコンを外し、メガネで過ごすようにしましょう。

 

でも、お泊りの時などどうしても長い時間カラコンをつけたい時ってありますよね。
そんな時は、ワンデーディファインなどの長時間使用することができるサークルレンズなどを使うことがオススメです。

 

雰囲気を変えることができるカラコンや、デカ目になれる直径の大きいタイプなどを使っていると若干物足らなく感じるかもしれませんが、すっぴんよりは目力をアップさせることができますので、使い分けしてお泊りデート成功させちゃいましょうね♪

 

 

 

カラコンって長時間使うことはできないのね。
目の調子が悪くなって次の日にメイクができない方が大変だから、ちゃんと時間を守って使おっと!

 


 

みんカラカラコンの購入はこちら>>