みんカラ カラコン カラコンのお手入れの仕方とは

これまでコンタクトレンズって使ったことないから、お手入れの仕方って分からないな。
お水で洗ってもいいのかしら?

 


コンタクトレンズは、専用の洗浄保存液を使って正しく使わないと目の健康に悪いんだよ。
お水は絶対NG!ちゃんとドラックストアでソフトコンタクトレンズ用の洗浄保存液を買ってお手入れしないといけないのよ。

 


カラコンを安全に健康に利用するには、正しいお手入れが大事!
でも普段ワンデーのコンタクトを使っていたり、コンタクトを使っていなかったりすると、お手入れをする習慣がないから、どうお手入れすればいいか迷っちゃいますよね。

 

そこでここでは、カラコンの正しいお手入れの仕方についてご紹介します。

 

 

カラコンのお手入れの仕方

 

カラコンのお手入れの前に・・・

カラコンを清潔に使うには、レンズを触る手を清潔に保つことが大事になります。
これは、カラコンを使う前もお手入れの時も同じです。

 

まず石鹸で手を綺麗に洗う


コンタクトを触る前には、必ず手を洗うようにしましょう。
汚れや化粧品などのついた手でカラコンを触ると、その汚れが眼に付着してしまい、眼の病気につながることがあります。

 

爪を短く切る


長い爪でレンズを触ると、レンズが破れる原因となります。
できるだけ爪は短く切るのがベスト。
とはいっても、ネイルなどをしていて爪が長めのこともありますよね。
爪が長い方は、爪でレンズを傷つけないよう十分に注意して洗浄を行います。

 

レンズの洗浄はソフトコンタクトレンズ用洗浄液で


カラコンを洗う時は、必ずコンタクト洗浄保存液を使用します。
コンタクトを使う習慣がなかったり、普段ハードレンズを使っている場合には水道水であることがあると思いますが、カラコンやソフトレンズは水道水は絶対NG。
というのも、水道水とコンタクトレンズ保存液とは浸透圧が異なるためレンズが変形することがあります。
また水道水中にアカントアメーバがまれに存在していることがあり、アカントアメーバ角膜炎を引き起こす危険性もあるので、水道水での洗浄はダメなんです。

 

 

お手入れの仕方


一日使ったカラコンは、タンパク汚れやホコリなどで様々な汚れがついた状態。
外したカラコンをそのまま保管するのでなく、一旦汚れを落としてから保存することが大事になります。

 

  1. レンズに洗浄液を数滴たらす

    カラコンのお手入れには、ソフトコンタクトレンズ用のケア用品を使用します。
    目からレンズを外したら、手のひらに乗せて洗浄液を数滴垂らします。

  2. 人差し指で優しくこすり洗いをする

    反対の手の人差し指で10秒くらいこすり洗いをします。
    爪が長い方は特に、レンズに爪が触れないように注意。表が終わったら、裏も同じようにこすり洗いをします。

  3. 洗浄液でレンズをすすぐ

    こすり洗いをした洗浄液を捨てて、新しい洗浄液をたっぷり注ぎ、すすぎ洗いをします。
    汚れがないかチェックしましょう。

  4. レンズケースで保管する

    綺麗に洗ったコンタクトレンズケースに新しい洗浄液を入れ、カラコンを保管します。
    4時間以上放置することで、消毒完了です。

  5. 逆側も同様に洗浄もう片方のレンズも同様に洗浄し、保管します。

 

 

こすり洗いをする時はゴシゴシこするのではなく、指の腹で優しくスライドするような感じで洗うのがポイント。
あまり強くこすりすぎると、レンズが破れたり傷がつくことがありますので、力の入れ過ぎには注意しましょう。

 

面倒だからと言って洗浄をしなかったり、不衛生な使い方をしていると目の病気になってしまって、コンタクトもメイクできなくなっちゃいますよ。
目の病気は自覚症状がないものも多いので、注意が必要です。

 

カワイイの為には、清潔に使うってことが大事。正しいお手入れで、カラコンを楽しんじゃいましょうね。

 

清潔に使わないと汚れで目の健康を損ねることがあるのね。
早速ドラックストアに、ソフトレンズ用洗浄保存液を買いに行っちゃおうっと♪